大友宗麟公の歴史を顕彰し火縄銃の保存と砲術流儀の伝承を目的に活動しています。

本陣旗「麟」について

本陣旗「麟」について

画像の説明

 【本陣旗「麟」の紹介】

本陣旗のベースとなる色は野球のサムライJAPANや
J1大分トリニータなどのユニフォームに使用されて
いる勝色の濃紺です。
サムライブルーのベースに鮮やかな黄色で「麟」の
文字が大書されています。

「麟」の意味は、中国漢の時代の書物礼記によると
国王が人徳のある政治を行うと現れる神聖な霊獣の
麒麟を表しています。
当隊の活動理念とする「豊国隆盛民心安寧子孫繁栄」
と通じる事から本陣旗として採用しました。








画像の説明

   軍旗「筆十字クルス」の紹介

大友杏葉紋の下に筆で書かれた十字クルスが描かれています。
大友家中で最強を誇り智勇に優れた人物「鬼道雪」・「雷神」と
称された西国一の武将 戸次鑑連立花道雪)の使用した軍旗を
イメージしています。
当隊のオリジナル軍旗ですが、キリシタン大名大友宗麟を連想させ
隊列の先頭に掲げる軍旗にふさわしいデザインです。


立花道雪は落雷で下半身が不自由でしたが戦場では屈強な
若武者に長刀を持たせ数名に「輿」を担がせながら戦場での
指揮を行いました。自らは手に有名な愛刀「雷切」と鉄砲を
携え敵陣へ先頭をきって突入し、生涯50数回に及ぶ戦いにも
不敗を誇る大友家随一の武将として有名でした。
あの武田信玄が会って見たいと思った武将の一人です。

道雪
     立花道雪

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional